画材探しの旅

画材探しの旅

昨日は 画材探しの旅 に出かけておりました。一日中世界堂や東急ハンズさんロフトさんやホームセンターや家具屋さんなども。色々な画材があるのですが、一番子供達にとって使いやすいものはどんな画材なのか 色々考えながら見ているととても面白かったですが、結構疲れました。自分が使用する画材ではあればこれ、というものはあるのですが、明らかに口に入れると危なそうな溶剤が含まれてイタリするので、多分子供向けではないでしょう。

画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室
画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室

クレヨンなどは昔からほとんど変わっていなくてほっこりしました。いつの時代も子供達はクレヨンを使用しているんだな。クレヨンで塗って水で溶かして水彩風になるものが表現の幅が広がってかつ使うのが簡単そうで良さそうかなと思いました。

画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室
画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室
画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室
画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室

筆はこんなに高級なものじゃないほうが逆に使いやすいのかもしれないと思いました。長さ的にはちょうど良さそうです。あんまり長いのは自分でも大きな油絵を描く時以外はほぼ使いません。

画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室
画材探しの旅 | 麻布アトリエ 子供絵画教室 デザイン教室

最後にめちゃくちゃ欲しいと思ったグッズをメモ。”ほぼ日のアースボール”です。ビニール風船みたいな感じでしたが、スマホをかざすと 地球儀 の上に様々な情報がAR的に表示されます。自分も旅好きなのでワクワクするし 子供と遊ぶのにものすごく良さそうだと思いました。

さあ明日は どこへ行って どんな絵を描こう。

このブログについて

この記事は 麻布十番 に アトリエ を構えた 画家 松田光一 と 子供絵画教室開業に関してを綴った日記です。麻布十番の絵画教室 “麻布アトリエ”は 世界遺産や絶景などをアート作品として排出する 作家 松田光一 のスタジオです。2018年より そのスタジオを解放して絵画教室を行います。アトリエ・絵画教室という場所がどのように 出来上がって行き、どのように 成り立って行くのかを 日常の出来事と共に 記録しています。一般的な人にとって 絵画制作 は日常不可欠なものではありませんが、人生を色鮮やかに豊かにしてくれる文化でもあります。松田は 最初の アトリエを東京都 港区 麻布十番 の一角に開きました。アトリエ 運営自体は3年目、絵画教室自体は これからです。どんな出逢いが待っているのか 楽しみにしています。誰でも閲覧できる記事 なので なるべく見てくれる人が 新しい 活動 をするためのヒントになるような 記事の作成 を目指しますが、個人的な日記になることもしばしばかと存じます。どうぞお付き合いください。アトリエに関して何かありましたら 以下のボタンより お気軽にお問い合わせください。

料金案内 | お問い合わせ_ボタン_麻布アトリエ

麻布アトリエ 管理人 ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です