師走の候の読み方

師走の候の読み方 クリスマスリーフ作り

師走の候ですね。 師走の候の読み方 は”しわすのこう””しわすのみぎり” などとも読むということを知りました。

クリスマスリーフを独自の感覚で作っている妻は とても器用で尊敬します。いつも私が使えない謎のアイテムで 様々なモノを作っています。アトリエは 少しずつ モノづくりができる環境になって来ました。

師走の候の読み方 クリスマスリーフ作り 麻布アトリエ
師走の候の読み方 クリスマスリーフ作り 麻布アトリエ

本日のお客様 もうすぐ決算!

師走の候 税理士の先生と 麻布アトリエ
師走の候 税理士の先生と 麻布アトリエ

税理士の先生と決算に関しての打ち合わせでした。許可を頂くのを忘れたので、お顔は猫ちゃんで。あちなみにこの猫は私のデザインで、スタンプもあります。
https://store.line.me/stickershop/product/1350780/ja

4期目も皆様のおかげでまずまずで乗り切れそうです。来年は5期目。絵画教室を頑張ってさらに飛躍できるように頑張りたいと思います。先生いつもありがとうございます。

作画 今日の世界遺産アート

東京タワークリスマスツリー
東京タワークリスマスツリー

今日描いた アート は 前回スケッチしていたクリスマスツリー です。
2017年もあと半ヶ月だ。

さあ 明日はどんな絵を描こう。

ブログあとがき

この記事は 麻布十番 に絵画教室 を開業した作家と子供絵画教室の 開業日記です。絵画教室という場所がどのように 出来上がって行き、どのように 成り立って行くのかを記録しておくことが目的です。絵画制作 は日常に不可欠なものではありませんが、人生を色鮮やかに豊かにしてくれる行動です。始めてのアトリエは東京都港区麻布十番の一角にアトリエを開きました。アトリエ自体は三年目、絵画教室自体はこれからです。これからどんな出逢いが待っているのでしょうか楽しみです。なるべく見てくれる人が行動するためのヒントになるような記事の作成を目指しますが、個人的な日記になることもしばしばかと存じます。どうぞお付き合いください。麻布十番の絵画教室 “麻布アトリエ”は 世界遺産や絶景などをアート作品として排出する 作家 松田光一 のスタジオです。

料金案内 | お問い合わせ_ボタン_麻布アトリエ

麻布アトリエ 管理人 ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です