講師

講師

松田 光一

大阪芸術大学 芸術学部 デザイン学科 卒業(芸術学士)

世界遺産 を描く 画家 として活動する。WORLD HERITAGE ART を立案し 自身の作品を 自社でプロダクトとして販売 する。夢をテーマにしたワークショップ や 個展 を全国で行なう。

子供たちと絵作り | 麻布アトリエ | 講師 松田光一

松田光一 塗り絵本  奇跡の星の世界遺産
松田光一 の 塗り絵本 

松田 洋恵

首都大学東京
システムデザイン学部 インダストリアルアートコース 卒業(芸術工学学士)

講師 みえの作品 麻布アトリエ

代表 メッセージ

絵画制作には、「このような絵にするべき」という絶対的な正解はありませんので、生徒様はまず画材を使う順番や絵の具の使い方、美しい色合いや整った構図 などの基本的なことを学んでいきます。その基本的な 学びを どのように 採用、応用していくかは子供達次第です。絵は大人が見て「上手」か「下手」かの基準がありますが、 私たちは 、上手な絵 を強要することはありません。子供達 の 自由な発想の絵画制作には大人の基準では 測ることのできない 成果や成長を見込むことができると考えています。自分の手で 絵を作って行くことが 美術 において とても大切な「個性」につながって行きます。

麻布アトリエの 子供絵画教室 では、制作 の プロセス だけでなくひとつの作品の「完成」 を 経験 するということを 大切に考えています。子供達は無邪気にどんどん作品を完成させて行きます。未完成のまま放置せず、「完成した」作品を一枚一枚の積み重ねて行きます。自然と作品の数が増えて行き、作品集が出来上がって行きます。

絵画制作は 創作の喜びを経験し、豊かな 美的感覚 を 養います。右脳を動かし、創造力を刺激し、多面的に物事を見る力に 繋がります。絵 を制作することは自分の中にある感情を表に出す作業でもあります。きちんと座って絵を制作することは 我慢強さも必要なので 優れた集中力を育てることにも繋がります。子供の頃 からの 絵画制作の経験 は、柔軟な「創造力」を育て、感情を伝達する「表現力」を培い、絵に出力した情景を実行する「行動力」を養います。

アトリエ 代表 松田 光一

お問い合わせ_ボタン_麻布アトリエ